スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| - | | - | - | ↑TOP
プロレスリング・ノア 7・18東京ドーム
行ってきました。東京ドーム。
前日は興奮で4時くらいまで寝れませんでしたよ。
それでもちゃんと起きて、1時間前に会場入り。

2階席、やっぱり見にくかったなあ。思ったよりは見えたんだけど、グランドの攻防とかはまったくわかりません。
飛び技とか、よっぽど動きの大きい技じゃないと、盛り上がれないんだよなあ。それが残念。
あと、前座はあくまで前座でした。ちょっと肩透かし。不安になる幕開け。

以下、簡単に感想を。
続きを読む >>
| プロレス | 03:28 | comments(0) | trackbacks(88) | ↑TOP
アマレスの神様
食玩なんてくだらんものにお金を使うもんか、と思っていた僕ですが、今月7日よりサンクスで発売された、プロレスリングノアのフィギュアには一発で心を奪われてしまったのであります。

とりあえず1つだけ買ってみようと思い、彼女さんに選んでもらったところ、出てきたのは・・・本田多聞選手。

本田多門

うわービミョーー。
か、回転オリンピック…!
いや、好きだけど。好きだけどさ。一発目で?!
あんた、渋いヒキ運してるよ。

| プロレス | 14:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
プロレスの話。
週間ゴングで、帝王・高山がいいこと言ってた。
ノアのチャンピオン、力皇が苦しんでるのは、上の奴らのせい」だって。

「力皇がベルトとった途端、上の奴らが見向きもしなくなくなった。本来なら上の奴らががんがん戦ってやれば、力皇も悩まずに済む」と。
昔の鶴田対三沢みたいに、或いは現在のWWEみたいに、上の奴らが圧倒的な壁になって立ちはだかり続けたほうが、下の世代も反発して盛り上がれると。
僕もそう思ってた。
それで力皇が負けてしまえば、またチャレンジすればいいんだし、勝つことができれば、自然と成長するんだし・・・
なんでみんな知らん振りするんだろうか。ひでえよな。

高山選手の意見にひとつ付け加えるならば、そういう態度はGHCのベルトの価値を下げてしまうと思う。
だれも興味を示さないベルトなんて、意味ないじゃないか。
なんだろう。自分が出向く機会を狙ってるんだろうか?
それにしてもなあ。

ドームで棚橋選手とのGHC戦も実現しそうで、それも見ものだけど、
ノア内からの挑戦者がもっと現れてほしいところですよね。

にしても、高山選手はいつもながら、いいこと言うなあ。
| プロレス | 23:57 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
いよいよ明日!三冠・IWGP、Wタイトル戦!!
ていうかさあ、絶対川田が小島に勝つと思ってたんだよ僕は。
いや、小島は大好きなんですが、古くからの全日ファンである僕にとって、
三冠王者とは、生粋の全日本レスラーである川田以外考えられなかった。
そして、川田こそが、三冠とIWGPを始めて同時に巻く男であってほしかったのだ。

しかし、小島が勝った。
去年までの彼の苦しみは知っている。
川田に勝ったんだから、絶対に負けないで欲しい。
そして、真の全日本のエースになってほしい。

絶対に。
| プロレス | 02:36 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
新日本プロレス・棚橋選手に共感!
深夜ふとテレビをつけたら、
親日・棚橋選手のG1ドキュメンタリーがやってた。
僕は普段あまり新日は見ないので、
「あー新三銃士の人だよね。ドラゴン殺法?」くらいしか知らなかったのだけど、番組を見てちょっとファンになってしまったのだ。

彼には自分の信じるプロレスがある。
「最近は打撃でのKOが注目を浴びてるけど、プロレスは3カウンとれば勝てる」
「いかに相手をぶちのめしたかよりも、相手に何度倒されようと何度でも立ち上がることに価値を感じる」
かっこいいじゃないですか。
相手の技を受けきり、何度でも立ち上がる。それこそがプロレスの醍醐味・プロレスラーの凄さだと、僕も思う。

続きを読む >>
| プロレス | 07:03 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
全日・小島聡はスランプを脱っしきれるか?
プロレスが好きなんである。
元はといえば、今から10年以上前に深夜テレビで偶然見た、全日本プロレスの世界タッグ王座選手権の三沢・小橋VS川田・田上の試合がきっかけであった。(決勝かな?)
プロレスなんて何にも知らなかったので、「どうせヤラセなんだろう」とタカをくくっていたのが大間違い。三沢の連続投げっぱなしジャーマンと、それを何度食らっても起き上がる川田の凄さに心を奪われた。そして思った。「これヤラセなんかじゃねえよ!」と。
今考えれば、初めて見たのが四天王のタッグ戦だったのだから、そりゃ感動するのも当たり前なんだけども。

ねえ、プロレスをヤラセだと思ってる皆さん、決してヤラセばかりというわけでもないんですよ!(ヤラセにしては痛すぎる。あの投げっぱなしは・・・)

というわけで、かつての全日本プロレスが好きだった僕は、今でもノアと全日、両方応援している。

で、ここ最近の一押しが、全日の小島聡選手なのである。(行っちゃうぞバカヤロー!)

僕はアンチ新日だったので、その頃の小島選手というのは特になんとも思ってなかったのだけど、全日に移籍してからというもの、彼の試合や発言に引き込まれてしまった。
続きを読む >>
| プロレス | 03:01 | comments(0) | trackbacks(0) | ↑TOP
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE